頬骨の整形をして人生逆転

顔の表面上には傷が残らないメリット

頬骨 整形 | 頬骨縮小術|頬骨形成|自由が丘クリニック東京

私は10代の頃にクラスメートに頬骨のことをからかわれ、以降ずっと大きなコンプレックスになっていました。
人と目を合わせて会話をすることもできなくなり、誰かの視線を感じると絶対に頬骨を見られていると思い込み、まさにネガティブな感情の塊のようだった記憶があります。
当然恋人もできるわけがなく、一度だけ男性から告白してもらったことがあったのですが、それを真に受けてお付き合いしたら笑われるだろうと断りました。
すると相手の男性を本気で傷付けてしまったようで、そこでもまた自己嫌悪や罪悪感に苛まれてしまったのです。
このような経験を重ねて数年、社会人になった私に待っていたのが頬骨整形の選択肢でした。
率直に、顔の骨を削るというのは恐怖心しかなかったです。
後遺症もあるでしょうし、何より失敗したら今よりも悲惨になるだろうと、悪い方向にしか考えていませんでした。
とはいえこのまま生きていっても自分のコンプレックスは消えないだろう、そういう気持ちもより強く、数ヵ月悩んだ末に受けてみる決断をしました。
具体的に述べると、もともとの私は顔の両端が外側に出っ張っているような特徴があり、横顔はまだしも正面から見ると顔のサイズも大きく見え散々です。
せめてこの出っ張りさえ何とかなればという気持ちで、整形外科の門をくぐりました。
そして先生に相談をしてみると、口の中からアプローチをして体部を削るという方法を提案され、顔の表面上には傷が残らないメリットを含めてお願いすることにしたのです。
画像によるシミュレーションがあったのも、決意できた要因でした。

顔の表面上には傷が残らないメリット口の痛みと血の味がして辛いことこの上なしこれからもこの顔で自信を持って、堂々と生きていきたい